第5回 セミナーレポート(2021.7.21開催)

第5回無料WEBセミナー 講師:株式会社山人 支配人 佐々木耀様

弊社では、2020年10月から、日本全国の宿泊業界、観光業界の方の意識の向上、知識の共有を図り、観光産業で働く人が、安心して働ける環境づくりの一助になりたいという思いから、専門家・有識者がご登壇する無料セミナーを始めております。

2021年7月21日に5回目のセミナーを以下のテーマで開催しました。
1部「顧客満足を目的とした宿泊業界のDX化~コロナ禍でも社内外で付加価値を生み出す施策の作り方~ 」
2部「インターナルマーケティングによる従業員の定着化と採用戦略」

今回、1部では『株式会社山人 支配人 佐々木 耀様(岩手県西和賀町)』にご登壇をいただきました。

複雑で独特な業務オペレーションもネックとなり、IT化の遅れが大きな課題となっている宿泊観光業。そんな中、宿泊業の情報管理にフィットしたシステムを構築し、業務の効率化を実現していることで注目を集める「山人」。独学で実装を進めてきたという支配人の佐々木様にここ数年間のDX化の取り組みについてお話をいただきました。

山仕事の達人や山を熟知している人のことを意味する 「山人(やまど)」は岩手の内陸、西和賀という小さな温泉地の宿泊旅館です。元々デジタル化が進んでいる施設だったというわけではなく、数年前までネット予約も台帳に書写しを行うような、効率的とはなかなか言い難い業務体制だったというから驚きです。

業務時間外などを活用し、足掛け3年をかけて自社システムを構築。予約管理やチェックイン時の御伺書、内勤社員の勤怠管理や業務連絡など、別々のツールを連携し、それまで行っていた単純作業を数分の一の工数まで圧縮したということでしたが、ここまでは単なる「ペーパーレス+α」だと言い切る佐々木様。

業務改善・効率化によって「付加価値への集中」を生み出し、「DXの好循環」を構築するという「ビジョン」のもと、取り組みを進めているという言葉が本当に印象的でした。このビジョンが浸透し、「人」に向かい合い、「地域」に向かい合い、「企業」に向かい合っているからこそ、経営面での着実な前進が実現できているのではないでしょうか。

ご参加をいただいた方のアンケートからは、
「宿泊業界におけるDXの考え方が分かりやすかった」「日頃からDX関連のセミナー視聴は行っているが、考え方がとても勉強になった」「自社でデジタル化を検討していたが今回の内容からヒントを得ることができた」「大変勉強になった。もっと話が聞きたいと感じた」などのお声がありました。

また、上記アンケートの他に佐々木様を是非ご紹介して欲しいという視聴様もいらっしゃいました。佐々木様のお話により「人による」おもてなし文化を大切にするホテル・旅館のDX推進の考え方やDX化のメリットをご理解いただけたのではないかと思います。

コロナウイルスの感染拡大が、宿泊・観光業界、そして業界で働く人たちを疲弊させていますが、コロナ禍でも攻守の取り組み、施策を多くの業界関係者の方に知っていただき、宿泊・観光業界と働く人たちのお役に立ちたいと強く感じました。

尚、毎回好評のプレゼント企画ですが、今回は「岩手県産の十穀米」をセミナー終了後のアンケートにご回答をいただいた方、全員に差し上げました。

弊社の取組みにご理解をいただき、ご多用の折にセミナーにご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

弊社は「ヒューマニックは人材を紹介するだけの企業ではない」を社内のコンセプトに、活動を通じて、業界関係者の知識の向上と各施設に於いての感染を防ぎ、観光客ならびに従業員の安全確保の一助になれるように取り組みます。そして、微力ながら、日本の伝統文化、観光資源を側面から支えられるように活動を進めていきます。

次回セミナーも企画中ですので、ご参加をお待ち申し上げております。

セミナー開発課

 

今回ご協力いただいた方々

<株式会社山人 支配人 佐々木耀 様>
過去のアンケート結果より、宿泊・観光業界のDX化に多くのご視聴者様がご興味をお持ちになられていることが分かり、今回は感染症対策以外のセミナーを企画しました。宿泊・観光業界のDX化の知見をお持ちの講師を探していましたが、現場の問題・課題を理解している方の生の声をご視聴様に届けられる方にご登壇いただきたく、佐々木支配人へ講師のお願いを差し上げました。その日のうちに快諾をいただき、打合せも慣れている印象を受け、セミナー投影資料についても、膨大な量の資料もご視聴者様に飽きのこないデザインで作成いただいていたため、セミナー等のご登壇に慣れている方だと思っていました。

当日、本番中のセミナー会場で株式会社山人様の専務よりお聞きしたお話で「佐々木支配人は、今まで取材等は一切受けず、人の前に出ることは無かった。今回、私たちも驚いている。」とのことでした。それをお聞きして、支配人として、お客様のおもてなし、マネジメントなどご多忙な中、本業とは別に膨大な資料作成、セミナー準備を行っていただいたことを考えると、セミナー会場の隣で感謝の気持ちで一杯になりました。

セミナー終了後も、佐々木支配人が離れたところから冷えたお飲み物をお持ちいただいたり、チェックイン時間にも関わらず、館内のご案内や接客エピソードなど最後まで親切にご対応をいただきました。他には、従業員のお一人おひとりが一芸や個性をお持ちのご様子でそれそれが「おもてなし」や「お客様の想い出作り」に活かされていることは印象的でした。セミナーのお話にもあった「従業員がタレントになる日」をまさに感じました。外国籍の方を含めて、素敵な笑顔で気持ちの良いご挨拶をいただきました。セミナー会場を通りかかるたびに、さりげないお声掛けやお心遣いをいただいたことは、お客様の満足度に繋がると実感しました。

短い滞在時間でしたが、従業員皆さまの素晴らしいお人柄を感じることができました。そして、セミナーを通して佐々木支配人から感じたことは、地元の西和賀町と会社、そして従業員の方々を大切にされていることでした。佐々木支配人、株式会社山人の皆様、この度は、ご協力をいただき、本当にありがとうございました。

(施設紹介)
岩手県中西部に位置する西和賀町に大自然を満喫できる場所に建つ「全室露天付スイート」の12室の温泉旅館です。食事は、各地から食材を取り寄せるのではなく、地場産の厳選した旬な食材と自社農園から収穫した安全で新鮮な食材を使い、その季節にその土地でなければ食べられない味覚を大切にしています。その季節に一番美味しくなる食材にこだわり、宿泊のたびに違ったお料理が提供されることは「山人」に泊まる醍醐味と言えるでしょう。お部屋の温泉は源泉かけ流し100%で静かで落ち着きのあるプライベート空間で温泉を贅沢に愉しめます。西和賀町は春はカタクリと山菜、夏はホタルとトレッキング、秋は紅葉と秋の食材、冬は雪明りとかまくらなど、四季折々で自然を感じることができるのも魅力の一つです。

岩手湯川温泉 山人:https://yamado.co.jp
〒029-5514 岩手県和賀郡西和賀町湯川52地割71-10
TEL.0197-82-2222